開講講座一覧

会計・経営・関係 税理士 簿記検定 建設業経理士検定 税法実務

法律・労務関係 社会保険労務士 行政書士

不動産・建築関係 宅地建物取引主任者

金融関係 ファイナンシャルプランナー

イベント情報 講座説明会・セミナー

NEXT割引

教育訓練給付制度

資料請求・イベント申込

TAC本校へ

KBCC 鹿児島情報ビジネス専門学校のホームページ

教室講座

■社会保険労務士

総合本科生Basic 総合本科生 上級本科生
フォロー制度 割引制度


社会保険労務士合格者の声

社会保険労務士の仕事 〜環境変化で高まる「社労士」の重要性〜

社会保険労務士とは、企業が発展するための重要なパートナー。企業経営上の4大要素「人・物・お金・情報」の中で一番重要な『人』に関するエキスパートとして活躍します。

社会保険労務士の仕事は大きく3つに分けることができます。書類作成業務、提出手続代行業務、そしてコンサルティング業務。現在、書類作成業務と提出代行業務がウエイトを占めていますが、企業の環境の変化により、将来はコンサルティング業務の需要が増えてくると言われています。

「就業規則の見直し」や「賃金制度の改定」、労使トラブルの解消など、専門家の立場から、企業それぞれの状況・ニーズに合ったアドバイスを行うことのできる人材として「社労士」が強く求められているのです。

人気のポイント!

働きながらでも、短期間(約半年〜2年)で合格できる!
社労士試験は、公認会計士や税理士などと比較すると、「短期間」で合格を狙える試験です。また、社労士試験合格者の約7割は、仕事を持っている社会人です。もちろん非常に難易度の高い国家資格ではありますが、きちんと計画を立てて毎日着実に学習を続けていけば、働きながらでも短期間で十分に合格を狙うことのできる試験だということが数字に表れています。


就職・転職への効果も抜群!企業で高く評価される
今後多様化する雇用形態に備え、社内でも人事のエキスパートを確保したいと考える企業が近年増加していることからも、社労士資格は就職・転職には大きな武器となります。また、資格手当・一時金として一定の金額を支給している企業もあるようです。


不況に負けない高い専門性!独立開業しても企業内でも活躍できる
独立開業の場合、多くの会社と顧問契約を結べぱ、顧問料として安定した収入を得ることができます。また、企業内でも、社労士の専門知識を活かして、問題点の改善や福利厚生の向上などに寄与することができます。


学習内容が面白く、実生活で役に立つ
社労士の学習範囲は、労働条件に関する法律や、ケガや病気の保険についての法律など、あなたの職場や暮らしに密接に関わるものぱかり。だから興味を持って学習が続けられるし、業務上のスキルアップとしてはもちろん、生きていく上であなたの生活を守る知識にもなるのです。

社会保険労務士 試験情報

受験資格
  1. 学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学において学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終わった者(4年制大学の卒業者)又は同法による短期大学若しくは高等専門学校(5年制)を卒業した者
  2. 上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した者(卒業認定単位以外の単位を除く。)
  3. 行政書士となる資格を有する者
  4. 修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
  5. 国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人、特定地方独立行政法人は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者

※主なもののみ記載。その他受験資格は実施団体のHPでご確認ください。
試験日 例年8月第4日曜日
出願期間 例年4月中旬〜5月末
合格発表 例年11月上旬

商工会議所の検定試験

■社会保険労務士 総合本科生Basic

社労士の学習や法律の学習が初めてという方を対象に、無理なく着実に合格レベルに到着できるのが総合本科生Basicです。まず初めに年金科目の基本事項・重要事項を理解した後は、総合本科生で合格に必要な基礎力&答案作成力を身につけていきますので、スムーズに学習を進めていくことができます。

カリキュラム

合格への第一歩はBasic講義から始まります
Basic講義は年金科目の基本事項・重要事項を中心に先行学習します。これにより、基本講義の年金科目(国年・厚年)が2回転目の学習となり、効率よく学習を進めることができます。

〜Basic講義のメリット〜
・基本講義の年金科目(国年・厚年)に入った時に、2回転目の学習効果で理解度が大幅UP。
・理解するのに時間がかかる年金科目の復讐時間の短縮に繋がる。
・早めに問題演習に取り組め、早期から得点UPを図れる。

総合本科生Basic コース案内

2019年8月目標
●Basic講義全8回は通学DVD受講となります。
開講日 教室講座

平日クラス 10月1日(月)月木18:30〜21:00 日程表PDF

DVD講座 9月上旬より随時開講 【DVD利用時間帯】
月~金/9:00〜21:00
土・日/9:00〜18:00
受講料(税込) \215,000(全76回/教材込) →【早割価格】\180,000(9月30日まで)
対象者 初学者
本試験日 例年8月第4日曜日
備考 ※TACのご利用が初めての方は、入会金¥10,000が別途必要になります。
※9/30まで早割キャンペーン実施中!

資料請求・イベント申込受講校舎MAP


■社会保険労務士 総合本科生

長年の指導ノウハウを凝縮した、TAC社労士講座のスタンダードコースです。
【基本講義→実力テスト→本試験レベルの答練】と、効率良く学習を進めていきます。基本事項の説明からしっかりと行いますので、初学者の方でも安心して学習を進めることができます。さらに演習演習教材(問題集)の「トレーニング」で講義編から問題・演習に取り組めますので、早くから、より強固な基礎力と応用力が身につきます。また、基礎力に不安のある受験経験者の方にもお勧めです。

カリキュラム

リニューアル!基本講義
基本講義に「労務管理・統計・白書」を新設しました。労務管理用語や統計・白書に関連した最新データなどについて、本試験対策として押さえるべきポイントを詳しく解説します。

教育訓練給付制度 指定コース

総合本科生 コース案内

開講日 教室講座 平日クラス 10月1日(月)月木18:30〜21:00 日程表PDF
DVD講座 10月上旬より随時開講 【DVD利用時間帯】
月~金/9:00〜21:00
土・日/9:00〜18:00
受講料(税込) \199,000(全68回/教材込)[早割価格]\170,000(12月26日まで)
対象者 初学者
講座説明会 随時個別ガイダンスを実施中!
本試験日 例年8月第4日曜日
備考 ※TACのご利用が初めての方は、入会金¥10,000が別途必要になります。

資料請求・イベント申込受講校舎MAP


■社会保険労務士 上級本科生

受験経験者(学習経験者)専用コースとして、総合本科生(初学者対象)とは別に独自開発したコースです。受験経験者専用のテキストを用いた講義と問題演習を繰り返すことによって、強固な基礎力に加え応用力を身につけていきます。
本試験で基本的問題をほぼ得点できた方におススメです。

カリキュラム

上級講義 上級専用カリキュラム
受験経験者や学習経験者向けに編成された「合格テキスト」を用いて講義を行います。講義は本試験での得点力強化を目指した実践的なもので、弱点になりがちな論点や得点源になる応用事項にも踏み込んで解説します。

科目別答練 上級専用カリキュラム
1科目の講義が終了するたびに実施され、科目ごとの学習の達成度を確認します。項目ごとに出題していますので、自分の弱点をここで発見することができます。

過去10年本試験問題集(復習用)
各回の講義範囲の自宅演習用問題集です。過去問をベースに項目ごとに作成されていますので、講義で習得した内容が実際の過去問ではどのように問われるかを把握できます。

上級直前答練 上級専用カリキュラム
本試験に出題が予想される重要項目を答練形式(選択式・択一式)で出題。応用論点を含むハイレベルな出題と総合力を問う出題で最終確認を行います。

上級本科生 コース案内

開講日 DVD講座 11月中旬より随時開講 【DVD利用時間帯】
月~金/9:00〜21:00
土・日/9:00〜18:00
受講料(税込) \173,000(全64回/教材込) [早割価格]\165,000(10月31日まで)
対象者 受験経験者、または学習経験者
講座説明会 随時個別ガイダンスを実施中!
本試験日 例年8月第4日曜日
備考 ※TACのご利用が初めての方は、入会金¥10,000が別途必要になります。

資料請求・イベント申込受講校舎MAP


■社会保険労務士 直前対策コース

直前対策カリキュラム
インプット(基本的知識の吸収)を終えられた方を対象に、TACの長年の指導ノウハウをもとに、今年度の本試験の傾向と対策を踏まえつつ、より実践力を養うよう構成された直前対策のスタンダードコースが「直前パック」です。
(当コースは総合本科生・総合本科生のカリキュラムに含まれています)

直前パック コース案内

開講日 教室講座 6月4日(月)月木18:30〜21:00
日程表PDF
DVD講座 6月上旬より随時開講 【DVD利用時間帯】
月~金/9:00〜21:00
土・日/9:00〜18:00
受講料(税込) 未定(全14回/教材込)
対象者 学習経験者
講座説明会 随時個別ガイダンスを実施中!(要予約)
本試験日 例年8月第4日曜日
備考 ※TACのご利用が初めての方は、入会金¥10,000が別途必要になります。

資料請求・イベント申込受講校舎MAP


■フォロー制度

音声DLフォロ一標準装備

音声ダウンロードも簡単!スキマ時間も有効活用!
受講している同一コースの教室講義の音声ファイル(WMA形式)や講義録ファイル(PDF形式)をインターネットからパソコンにダウンロードできる制度で、講義の欠席フォローや復習につかえます。
デジタルオーディオプレイヤーやスマートフォンなどを使うことで持ち運びもできるので、自宅だけでなく外出先でも学習を進めることができる 万能サポートシステムです。

無料DVDフォロー

鹿児島校では教室講座の方も「通学DVD講座」のDVDを視聴できます!
当校のDVDのブースにて、東京の教室授業を収録したDVDを無料で視聴することができるので、講義の欠席フォローや予習・復習にご利用いただけます。(鹿児島校独自のフォロー制度です)

i-support制度

効率的な学習をしっかりサポート!
インターネットを用いたフォロー制度で、メールでの質問や受講生同士の会話が楽しめる掲示板など、双方向のコミュニケーション学習が可能です。また、よくある質問のデータベースや最新試験情報など、役立つ情報をいち早くキャッチすることができます。




■割引制度

受験経験者割引制度

本試験の受験経験がある方は、TAC社労士受講料が一部割引となります。

対象コース 通常受講料 割引受講料
総合本科生Basic \215,000 \175,000
総合本科生 \199,000 \164,000
上級本科生 \173,000 \141,000
※入会金\10,000が別途必要です。

再受講割引制度

過去にTAC社労士講座の各本科生を受講されたことのある方は、社労士講座受講料が一部割引となります。

対象コース 通常受講料 割引受講料
総合本科生Basic \215,000 \147,000
総合本科生 \199,000 \138,000
上級本科生 \173,000 \121,000

NEXT割引

5%割引 TAC資格講座の受講経験がある方が、新たな資格講座にチャレンジされる際(初めてその講座をお申込みされる際)に、受講料を5%割引いたします。

社労士⇔行政書士 特別割引制度

10%割引 TAC行政書士講座を受講された方が社労士講座を受講される際に、受講料が10%割引でお申込みいただける制度です。社労士講座受講生が行政書士講座を受講される場合も同様に適用されます。





資料請求

▲ このページのトップへ

 

サイト案内 ■個人情報保護方針  ■利用案内  ■お問い合わせ
Copyrightc TAC-KAGOSHIMA All Rights Reserved.